誰でもできる! わかる! キャバクラ攻略法虎の巻!

誰でもできる! わかる! キャバクラ攻略法虎の巻!

管理人監修の無料レポートのご案内

 

キャバクラ攻略ことはじめ

はじめに断っておきます。このページを見た後、それまでのあなたとは違うあなたになっているはずです。

 

例えば、今までのあなたの場合で話をしましょう。

 

名古屋 キャバクラに行くとします。お店の女の子と楽しい時間を過ごすでしょう。その後、30分もすれば、ほぼ確実に指名した女の子から電話やメールで「今日はありがとう! また会いたいな」というような内容の連絡があるはずです。メールや電話の内容はもっと恋人っぽい感じで「寂しいよー、すぐ会いたいなー☆」みたいな感じのときもあるでしょう。

 

しかし、普通に考えて、数あるお客の中からあなただけが特に選ばれたわけではないのです。つまり、あなたはモテているわけではありませんし、女の子に特別気に入られたわけではありません。こういう電話やメールは営業のためのもので、ここでいくら「寂しい」「会いたい」と言われていても、それは「またのご利用お待ちしております」という意味なのです。これが現実なのです。

 

営業の電話やメールが来なければ、それは女の子が怠慢であるか、よっぽど嫌われているのでしょう。

 

キャバクラや新宿デリヘルといったところにる女の子は、とても可愛く、魅力的です。そこに行くお客さんたちも、普段からモテているというよりは、普段はそれほど女性におだてられることの少ない人が多いでしょう。だから、可愛く魅力的なキャバクラの女の子を見ると夢中になってしまうのもわかります。

 

まずは、深呼吸して気持ちを落ち着けましょう。冷静になることが、キャバクラを攻略するはじめの一歩なのです。

モテるための口説きテクニック

いわゆるモテる男と、いい人で終わってしまう人は、どこがどう違うのか、というのはかなり昔から議論されているところです。人柄のよさが、必ずしも女の子にモテるということに結びつかないということは周知の事実なのです。

 

特にその戦場がキャバクラであれば、いい人であることは害でありこそすれ、いいことなど一つもありません。モテるか、モテないか、それが重要なのです。

 

ではモテる男といい人止まりでモテてない人の違いについて具体的にお話しましょう。

 

モテるとされている男は、ルックスがいいのでしょうか? それとも金をたくさん持っているのでしょうか? 周りを見渡してみれば、これらのことがモテることの条件では必ずしもない、ということはお分かりいただけると思います。では、モテる男が持っているものは何なのでしょうか。

 

それは、女の子をその気にさせるテクニックなのです。

 

その気にさせるというのはつまり、横浜のデリヘルでの口説きのテクニックのことなのですが、口説きとは実際に口説く場面のみに限定されるわけではなく、そこに持っていくまでも含めての、口説きなのです。

 

ここで提示する口説きのテクニックを知っているかそうでないかでは、かなりの差があります。具体的に店外でのデートやアフター、そしてマンツーマンの状況に持ち込んだ時など、場面ごとにテクニックを説明しています。

 

特定の狙っている女の子がいるなら、すぐにでも実行してみるとよいでしょう。

セックスもタイミングが命

女性は、異性に触れられたときに最もセックスしたくなる、という統計が出ています。これは、女性の方が男性よりも触覚に対して敏感だからなのですが、それだけに、嫌いな人に触られることには必要以上に、過剰に反応します。

 

男性からしてみると、セックスしたくなるシチュエーションは、キスしたとき、上目遣いで見詰められたとき、そして甘えてくるときなどです。なんとなく、相手の可愛さを認識したときに、セックスしたいと思う傾向があります。

 

セックスとは、子どもを作る為の行為です。動物の世界では、オスは子どもを産ませる相手を、出産の経験のあるメスにの中から選ぶことが多いです。出産経験のあるメスの方が、無事に産まれる可能性が高いからでしょう。

 

しかしながら、人間は、女性に若さ、そして処女性を求めます。なぜならば、そのほうが自分にとってコントロールしやすく、自分だけの子どもを産んでくれるから、というのが深層心理の中にあると言われています。コントロールできなければ、別の男性の子どもを産んでしまう危険があるのだそうです。

 

男性には、こうした意味での「支配欲」のようなものがあります。ですから、この部分をかきたてられることで、セックスに導かれるのだそうです。

 

セックスとはしかし、お互いの気持ちの高ぶりに端を発し、そして愛情を確認するための行為です。ですから、こうした生物学的、心理学的な話を知っておいた上で、相手のタイミングを間違えないようにしましょう。

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ